<< 謎の料理試作中 | トップ | 悲しい時は森へ行こう >>
0
    トニーさん

    どうもママさんです。


    今朝、我が家の番犬が、19年のときを静かに幕を閉じ、お空へ旅立って行きました。


    赤ちゃんの頃こんな可愛いかった。


    この二日間は、苦しそうで本当に可哀想でした。たくさん頑張ったけどね。




    バカなヤツほど憎めない可愛らしさがあったなということで、多少のトニーロスがあります。


    生き物を飼うのに、必ず訪れる別れ。

    ちょっと寂しさ半分、苦しさから解き放たれた安堵半分。


    今はただ、苦しかった分、安らかに眠って下さいと祈るばかりです。


    そして、真下家を守ってくれてありがとう。




    感謝。

    - | 20:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
    0
      スポンサーサイト
      - | 20:04 | - | - |
      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://egana.jugem.jp/trackback/3755