<< カミングスーン | トップ | 祝!復活 >>
0
    専門用語のクセが凄い
    どーも、マスターです。

    ビールをネットなどで探す時、必ず見るのが味の感想。

    そこから想像を膨らませて、よし!これだ!と選んでいく訳ですが、そのビール用語って言うの?味の表現が独特で。

    「草原のようなアロマ」

    草原、アロマ、これはかなり確率で使われてますね。応用編は

    「口の中に草原を突っ込まれたような…」

    っていうのが実際ありました。草原を丸飲み、大巨人ですね。

    「トースティー」もよく出てきます。焼いたパンのような香りみたいな事と解釈してます。飲み物の香りを食べ物で例える、斬新!

    「スモーキー」、「モルティー」この辺はウィスキーの味の表現としてもよく使われてるので想像しやすい。色濃いめ、もしくは黒ビールなどで使われますね。

    「ダンキー」これはもう分かりません(笑)強烈な香り?

    「パイニー」
    これは最近一番のお気に入り(笑)何か新しいプレイのようなエロスの部分を含みつつ、可愛らしい、赤毛のアンの友達役とかに出できそうな名前のような(笑)

    「パイニー!こっちおいでよ!」って草原でトースティーなパンかじりながらダンキーしてるアンが想像できますね(何のこっちゃ分からんけど)

    ビールの世界、まだまだ奥が深い…
    - | 04:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
    0
      スポンサーサイト
      - | 04:26 | - | - |
      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://egana.jugem.jp/trackback/3585